債務整理をするとスマホの契約に問題が発生するって本当?

債務整理にはいくつかの方法がありますが、その中で最も活用されているのが任意整理です。

任意整理は、「個人再生」や「自己破産」と比較し、比較的スムーズに手続きを行えるため、
借金の負担を減らすために、こちらの整理方法を選ぶ人が多いんですね。

しかし、どのような方法で債務整理を行ったとしても、あらゆる行動に制限が生じます。

例えば、クレジットカードを発行できなくなったり、ローンを組んで買い物ができなくなったりするんですね。

では、現代に欠かすことができないスマホの契約はどうなるのでしょうか。

このページでは、債務整理によってスマホの契約にどのような問題が発生するのか、わかりやすくご紹介します。

任意整理をしても携帯電話の契約は可能

債務整理の任意整理を行った場合、信用情報機関に金融事故の情報が、およそ5年間登録されます。

このあいだは、冒頭でご紹介した通りクレジットカードの発行や、ローンを組んで買い物することはできません。

しかし、生活に必要不可欠となるスマホの契約に関しては、たとえブラックリストに載ってしまったとしても、問題なく継続したり新規加入したりすることができるんですね。

任意整理をした人の中には、「携帯電話会社から強制的に解約されてしまうのではないか」といった不安を持つ人もいますが、その心配はほぼありません。

ですが、スマホを新しく購入する人や機種変更を考えている人は、注意しなければいけないポイントがいくつか発生します。

携帯電話の機種代金は一括で支払わなくてはいけない

スマホを新しくしたり、機種を変更したりする場合には、ほとんどの人が分割での支払いを希望します。

分割を選択することにより、割引サービスが適用されるケースも多いからです。
また、スマホの代金を一括で支払うと、想像以上に高額な費用が発生しますよね。

しかし、債務整理によって信用情報機関にブラック情報が登録されていると、支払いに対しての信用度が一気に下がってしまうので、分割での支払いを拒否されてしまいます。

このようなケースでは、機種代金を一括で支払わなくてはいけません。

携帯電話会社を任意整理の対象にしている場合は注意が必要

基本的には、上記でご紹介したとおり債務整理をしても、スマホを購入したり契約したりすることができます。

しかし、任意整理の対象に携帯電話会社が入っている場合には、注意が必要です。

なぜなら、任意整理によって本来支払わなくてはいけない携帯電話料金や、機種代金の支払い交渉を行うことにより、今後の使用に影響が出てしまう可能性もゼロではないからです。

任意整理は、今抱えている借金すべてが強制的に対象になるわけではありません。

自分自身で対象を選び、個別に整理することができます。

スマホを今まで通り使い続けたいのであれば、任意整理の対象から携帯電話会社を外しましょう。

自己破産手続きしたらスマホはどうなるのか

任意整理では、携帯電話会社を整理の対象から外すことにより、問題なく使用できる可能性が高いとお伝えしました。

では、これが自己破産の手続きになったらどうなるのでしょうか。

結論からお話しすると、自己破産をしたとしても、スマホは生活に欠かせない必需品として認められます。

したがって、スマホの差し押さえや強制解約の心配はありません。

しかし、スマホの通話料金を延滞している人や、機種の分割代金を滞納している人は、自己破産を行うことによって、滞納した分の支払いが免除されます。

これにより、今後も支払い能力が低いとみなされ、解約されてしまう可能性が高まります。

このような事態を想定し、少しずつでも延滞している分は払っていくのが良いでしょう。

まとめ

情報社会の現代では、スマホは生きていくための欠かせないツールでもあります。

問題なく使い続けていくためには、ある程度工夫して債務整理を行うのが好ましいですね。

さらに細かい情報が知りたい方や、どのように債務整理を行えばスマホの使用に影響がでないのか気になっている方は、ぜひこの機会に知識豊富な弁護士に相談してみましょう。